DV シェルターチャンネル 特定非営利活動法人 全国女性シェルターネットのインターネットラジオチャンネルです

2011年11月30日

暴力を乗り越えたフィリピン人女性 [日本語&英語]

ラジオパープル第118回 2011年11月30日(水)

【担当:全国女性シェルターネット】(13分39秒)

●暴力を乗り越えたフィリピン人女性

今週のラジオパープルは、日本人パートナーからの暴力を乗り越えたフィリピン人女性のお話を聞きます。 外 国人女性が、DVを乗り越えるためには、どんなサポートが必要なので しょうか。外国人女性が直面する法的問題は、個人的な努力や、友だちや家族の善意では乗り越えられません。DV被害を受けた外国人女性への制度的なサポートはあるのでしょうか。また、民間団体はどんな役割を果たしているので しょうか。

話し手:フィリピン女性Cさんん
聞き手:レニー・トレンティーノさん(英語)、稲葉奈々子さん(日本語)

●「性暴力禁止法ネットワークによる全国キャラバンin名古屋」のお知らせ

性暴力の問題について、どのように根絶していくのかをシンポジウム形式でお話します。

シンポジストは戒能民江さん、中島聡美さん
コーディネーターは北仲千里さんです。

語り手:近藤恵子

日本語版をダウンロードして聴く(※下の再生ボタンで聞き取りにくいときにご利用ください)

【日本語バージョン】

この収録は、ファイザープログラム〜心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援の助成を受けています。

On this week’s Purple Radio we will hear stories from Filipina women who were married to Japanese husbands and became victims of Domestic Violence. These women were able to survive their trauma. What kind of support system do foreign women need in order to overcome their sufferings as victims and move on to survive their experiences?

To confront their legal issues and go beyond their negative experiences, the women find that individual efforts, and the good intentions of their friends and families are not enough. Are there systematic support services for migrant women who have suffered DV and hold psychological scars? What kind of role do civic groups serve in helping the recovery of DV victims?

Our sharer clarifies the fate of an undocumented victim when she escaped from her abuser and went to the police to ask protection.

Speaker: Filipina woman “C”
Interviewer: Leny Tolentino (English), Inaba Nanako (Japanese)

click here to download for listening(※If flash below doesn't working.)

【ENGLISH Version】

≪みなさまからご相談を募集しています≫

ラジオパープルでは性暴力被害についてのご相談をメールにて受け付けております。)
いただいたメールの中から一部をご紹介し、近藤代表がラジオにておこたえいたしていきます。



|
« 歩こうよむらさきロード2011 | メイン | 暴力を乗り越えたフィリピン人女性 [日本語&タガログ語] »

シェルターネットによるインターネットラジオ

パープルリボンプロジェクト

番組内容(カテゴリ)

最近の放送(エントリ)

過去の放送(アーカイブ)

リンク(広告)

  • マイクロソフト
  • 日本フェミニストカウンセリング学会
  • フェミニストセラピィ“なかま”
  • 内閣府男女共同参画局DV支援者情報
  • 法テラス
  • しんぐるまざあずふぉーらむ

ポッドキャスティング

RSS

リンク用バナー

リンクをする際には、
以下のバナーをぜひご利用ください。

リンク先は必ず
http://www.radiopurple.org/
でお願いいたします。

お勧め書籍