DV シェルターチャンネル 特定非営利活動法人 全国女性シェルターネットのインターネットラジオチャンネルです

2011年12月 7日

暴力を乗り越えたフィリピン人女性 [日本語&タガログ語]

ラジオパープル第119回 2011年12月07日(水)

【担当:全国女性シェルターネット】(日本語13分25秒 タガログ語11分4秒)

●暴力を乗り越えたフィリピン人女性

今週のラジオパープルは、日本人パートナーからの暴力を乗り越えたフィリピン人女性のお話を聞きます。 国境を管理する法は、人の命を守る法よりも優先されるのでしょうか。夫からの暴力により殺されそうになって命からがら警察に助けを求めても、ビザがないために逮捕され、子どもと引き離されて長期間拘留されるようなことが、あっていいのでしょうか…。

話し手:Aさん
聞き手:レニー・トレンティノさん(タガログ語)、山岸素子さん(日本語))

●「性暴力禁止法ネットワークによる全国キャラバンin名古屋」のお知らせ

性暴力の問題について、どのように根絶していくのかをシンポジウム形式でお話します。

シンポジストは戒能民江さん、中島聡美さん
コーディネーターは北仲千里さんです。

語り手:近藤恵子

日本語版をダウンロードして聴く(※下の再生ボタンで聞き取りにくいときにご利用ください)

【日本語バージョン】

この収録は、ファイザープログラム〜心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援の助成を受けています。

●in Tagalog

Ano nga ba ang kaibahan ng pang-aabuso o pananakit na nararanasan ng Pinay sa kanilang asawa o partner? Puwede ba silang maka-alis sa ganitong di makataong kalagayan? Anong impormasyon at suporta ang kanilang kailangan? Ano ang kulang sa kasalukuyang sistema para masegurado ang proteksiyon sa mga hindi-Hapong babae na biktima ng domestic violence o DV?

Ngayong linggo sa Radio Purple mapapakinggan natin ang estorya ng mga Pinay na nakaranas ng DV. Pagkatapos na panghinaan ng loob muli nilang naipanumbalik ang lakas at naisaayos ang buhay kasama ang kanilang mga anak. Pakinggan natin kung paano nila nabawi ang lakas ng loob, tiwala sa sariling kakayahan at tiwala sa kapwa. Alamin din natin kung ano ang kulang sa kasalukuyang sistema para sa proteksiyon ng hindi Hapong babae na biktima ng DV dito sa Japan.

Lilinawin ng ating tagapagpahayag ang sinapit ng isang biktimang walang bala na tumakas sa pambubugbog at lumapit sa pulis para humingi ng proteksiyon.

Speaker: Ms. A
Interviewers: Leny Tolentino (Tagalog language): Yamigishi Motoko (Japanese language)

click here to download for listening in Tagalog(※If flash below doesn't working.)

【Tagalog Version】

●in English

What is different in the abuse or violence experienced by Filipino migrant women from their Japanese husband or partner? What information and supports are necessary to stabilize their stay in Japan? What are lacking in the present system to protect Non-Japanese women victims of domestic violence or DV?

On this week’s Radio Purple we will hear the stories of Filipino women who experienced DV. After they have been weakened, they are able to reclaim their strength and have started to stabilize their life with their children in Japan. Let us listen to their stories, how they have regained their strength, trusted again their capabilities and trusted again others around them. From their experiences, let us discover what are lacking in the present system for the protection of Non-Japanese women victims of DV here in Japan.

Our sharer clarifies the fate of an undocumented victim when she escaped from her abuser and went to the police to ask protection.

This recording was made possible by funding received from Pfizer’s Program – Physical and Emotional Health Care, related to supporting civic activities

≪みなさまからご相談を募集しています≫

ラジオパープルでは性暴力被害についてのご相談をメールにて受け付けております。)
いただいたメールの中から一部をご紹介し、近藤代表がラジオにておこたえいたしていきます。



|
« 暴力を乗り越えたフィリピン人女性 [日本語&英語] | メイン | 暴力を乗り越えたフィリピン人女性 [日本語&英語] »


≪スポンサードリンク≫http://w-t.pw/

シェルターネットによるインターネットラジオ

パープルリボンプロジェクト

番組内容(カテゴリ)

最近の放送(エントリ)

過去の放送(アーカイブ)

リンク(広告)

  • マイクロソフト
  • 日本フェミニストカウンセリング学会
  • フェミニストセラピィ“なかま”
  • 内閣府男女共同参画局DV支援者情報
  • 法テラス
  • しんぐるまざあずふぉーらむ

ポッドキャスティング

RSS

リンク用バナー

リンクをする際には、
以下のバナーをぜひご利用ください。

リンク先は必ず
http://www.radiopurple.org/
でお願いいたします。

お勧め書籍