DV シェルターチャンネル 特定非営利活動法人 全国女性シェルターネットのインターネットラジオチャンネルです

2012年1月 4日

暴力を乗り越えたフィリピン人女性 [日本語&英語]

ラジオパープル第123回 2012年1月04日(水)

【担当:全国女性シェルターネット】(日本語13分25秒 タガログ語11分4秒)

●暴力を乗り越えたフィリピン人女性

今週のラジオパープルは、日本人パートナーからの暴力を乗り越えたフィリピン人女性のお話を聞きます。DV被害女性は、なぜ夫のところにもどってしまうのか…。外国人女性の場合、家族は遠くにいて、友人のところに永久に居候はできない。暴力的な夫だけが、唯一の頼りになってしまうことがあります。 何度か夫の元にもどったRさんは、その後、なぜ夫の暴力と決別できたのか??

話し手:Rさん
聞き手:レニー・トレンティノさん(タガログ語)、稲葉奈々子さん(日本語))

この収録は、ファイザープログラム─心とからだのヘルスケアに関する市民活動支援の助成を受けています。

日本語版をダウンロードして聴く(※下の再生ボタンで聞き取りにくいときにご利用ください)

【日本語バージョン】

この収録は、ファイザープログラム〜心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援の助成を受けています。

●in English

This week on our Radio Purple program, we will hear the story of a Filipina woman who suffered abuse at the hands of her Japanese partner, but was able to overcome that experience. Perhaps you wonder why women victims of domestic violence keep returning to their husbands…. In the case of migrant women, their own families are so far away, and they cannot stay with their friends forever. Their husbands become the only other human beings they can depend on. .

Having gone back to her husband so many times in the past, how was Ms. R finally able to break away from her abuser?

Speaker: Ms. R
Interviewers: Leny Tolentino (English), Inaba Nanako (Japanese)

This recording was made possible by funding received from Pfizer’s Program – Physical and Emotional Health Care, related to supporting civic activities.

click here to download for listening in English(※If flash below doesn't working.)

【EnglishVersion】

≪みなさまからご相談を募集しています≫

ラジオパープルでは性暴力被害についてのご相談をメールにて受け付けております。)
いただいたメールの中から一部をご紹介し、近藤代表がラジオにておこたえいたしていきます。



|
« 暴力を乗り越えたフィリピン人女性 [日本語&タガログ語] | メイン

シェルターネットによるインターネットラジオ

パープルリボンプロジェクト

番組内容(カテゴリ)

最近の放送(エントリ)

過去の放送(アーカイブ)

リンク(広告)

  • マイクロソフト
  • 日本フェミニストカウンセリング学会
  • フェミニストセラピィ“なかま”
  • 内閣府男女共同参画局DV支援者情報
  • 法テラス
  • しんぐるまざあずふぉーらむ

ポッドキャスティング

RSS

リンク用バナー

リンクをする際には、
以下のバナーをぜひご利用ください。

リンク先は必ず
http://www.radiopurple.org/
でお願いいたします。

お勧め書籍